弾力のある肌のためにからだの内外から栄養を補給する

肌にハリがなくなる原因は、水分、油分、栄養分の不足と、新陳代謝が鈍ることです。

 

肌をしぼませるような要因を少しずつ取り除いていかないといけないのです。

 

顔の洗い過ぎ、日焼け、エアコンのかけ過ぎなど、肌の水分と油分を奪う原因を減らすとともに、スクラブ洗顔をしたり、パックなどで表皮をケアして、常に新しい細胞が生まれやすい環境を整えなければいけません。

 

保湿ケアをしたり、体の内外からの栄養補給をする必要もあります。

 

 

 

日中は紫外線やエアコンによる水不足をなくすように、デイクリームで乾燥対策をします。

 

メイクは保湿力のあるクリームや、リキッドファンデーションをつかって、しっとりとした仕上がりを目指します。

 

夜には肌の表面を整えるパックを使ったり、水分と油分を補給するナイトクリームをつけるようにします。

 

そして大事なのは、早めに寝るようにして、睡眠時間を確保することです。

 

真皮に水分と栄養分を与えながら、肌をふっくらとさせるのは美容液です。

 

 

 

肌のハリを左右するのが、コラーゲンと言う鎖状の線維を結束しているエラスチンです。

 

エラスチンが劣化すれば肌がしぼんでしまうのです。

 

エラスチンを体内から補給するためには、高野豆腐を食べるのがいいようです。

 

女性ホルモンに似たイソフラボンとエラスチンが、肌の若返りをサポートになるようです。

 

かつおぶし、しらす干し、海苔、小豆などもいいようですね。

 

体の外から必要な栄養分をしっかりと補給することで、弾力のある肌を作ることにつながるのですね。

 

そう考えると、日頃の食生活ってもう一度振り返ってみる必要があることがわかりますね。

 

 

 

ハリ不足の肌は・・・目尻に小ジワが目立ち、肌全体がしぼんだ感じになり、水分と油分がともに不足して艶がなくなって、肌がザラザラとしてきます。

弾力のある肌に憧れて

頬を押した時に、指が肌の中に入って後になる肌は、間違いなく弾力がない歩だです。

 

指を戻す力が感じられるような肌に憧れますよね。

 

赤ちゃんのほっぺを触るときの感覚に近いです。

 

肌の弾力は真皮、ハリは表皮に関係します。

 

30歳を超えれば、表皮だけをケアするだけでは不十分で、土台となる真皮部分もしっかりとケアしなければいけません。。

 

真皮の線維部分をふっくらとさせてくれるのが美容液です。

 

美容液は、洗濯をするときの柔軟剤に似ています。

 

ぺしゃんこになっている真皮の線維を1本ずつ整えて、肌の奥からふっくらとさせてくれるのです。

 

弾力が蘇って、肌の表面にハリがでてくるようになります。

 

自分の肌がどんな状態なのかチェックをしてみましょう。

 

指で押すと押し戻す力がある肌、肌につやと輝きがある肌、キメが細かくてふっくら感がある肌、目尻や口角のたるみが少ない肌、そして全体的にしっとりとしているかどうかをチェックしてみます。

真皮ケアで肌をたるませない

肌に保水性や弾力性を与えてくれる繊維がコラーゲンです。

 

ゴムのような弾力を持っていて、コラーゲンを結び付けているのがエラスチンです。

 

それらを水分で満たすゼリー状の物質がヒアルロン酸です。

 

これらはどれも弾力のある肌にとって必要なものです。

 

加齢とともに機能が衰えていくので、化粧品や食べ物で補わなければいけません。

 

 

 

コラーゲンやエラスチンを含む美容液を使って、真皮の線維部分を強化するようにします。

 

でも表面に角質が溜っているような状態では美容液の浸透も悪いですから、スクラブ洗顔やローションパックで表皮ケアも忘れないでします。

 

ウォーターマッサージは、肌の深部に栄養を与えて、真皮の奥にある筋肉に働きかけて、肌体力の底上げをしてくれます。

 

とくに季節の変わり目にはこうしたケアをしなければいけません。

 

 

 

コラーゲンを多く食材として、うなぎ、鶏手羽先、ふかひれ、スペアリブ、かれいなどは積極的に食べるようにします。

 

レモンやトマト、ブロッコリーにはビタミンCが多くて、コラーゲンを生成に役立ちます。

肌の血色に気を付ける

キレイな肌を気にしていても、やっぱり青白い顔はイメージが悪いですね。

 

バラのような肌なら、健康で若々しく見えますからね。

 

血色のいい肌は、血の色がきれいでなければいけません。

 

そのためには、肌表面よりもからだの中のケアが必要です。

 

体の中からキレイになれば、血色も良くなりますし、肌にハリや透明感も出てくるのです。

 

老廃物を除去してくれるリンパマッサージも効果的ですし、肌表面の角質を取るスクラブ洗顔も必要なお手入れですね。

 

でも体内の浄化には、食べ物が一番大事かもしれません。

 

水をたっぷりと飲んで、血液の循環を良くして、塩分を控えて、血をキレイにする食べ物を積極的にとるようにします。

 

皮膚が柔らかくて張りがあって、全体的にしっとりしていて、透明感があって、新陳代謝が活発で、ハツラツとしたバラ色の肌に憧れますね。

 

 

 

入浴中に手のひらでお顔を軽く押したり話したりします。

 

ポンピング作用をして、血流を促すのです。

 

スチームパックをしたり、耳のマッサージをするのもいいようですね。

 

リンパの流れが悪化すると、肌色をにごらせる原因になります。

 

 

 

化粧品としてはクレンジング剤も大切です。

 

濃い目のメイクは、完全に落とすまでしっかりとクレンジングをします。

 

表面に溜った角質ケアをするためにスクラブ洗顔と定期的に取り入れます。

 

ファンデーションを指の腹で押しこむようにしていくと、血行がよくなってバラ色の肌に近づけますね。

 

 

 

鉄分をしっかりと補給するのも大事なポイントです。

 

女性は貧血になりやすいですから、鉄分を多く含んだおさりやレバー、かつお、まぐろ、ひじき、ホウレンソウなどもしっかりと食べるようにします。

 

それらをしっかりと食べて、半身浴をしたり、ウォーキングをしたりして、血液が循環するような運動を取り入れるのもいいです。